神を招き、神の御業(みわざ)のごとく振る舞う心操身変術

はじめに

皆さんは「神楽」というと何を思い起こしますか?

神社で巫女さんが鈴などを持って舞ってくれる奉納、祈祷の舞?または、石見や高千穂で、地元の伝統芸能としての神話劇を見て、あれが「神楽では?」と思っておられるかもしれません。また「舞」というと「日本舞踊」「雅楽」「歌舞伎」もあって、ダンスとは違う、日本的で装束も古式で・・そこにどこか伝統的で優美なものへの憧れもよぎるかもしれません。もっと古代に戻って、日本における神楽の原点は、古事記にて伝承される「岩戸隠れ」の神話。天の岩戸に隠れたアマテラスさまを、岩戸からお出しするためにアメノウズメさまが神がかりでおこなった舞。すなわち、世を暗闇から救ったのがウズメの神楽です。

このような神楽の舞から、現代の私たちの健康法として新しく生まれたエクササイズ、それが「かぐらサイズ」です。

top04 P1050164 saraha02

最新情報

2024年7月のかぐらサイズ

梅雨も本番になり、各地で大雨の影響が心配されています。そんな中で、今日7月1日、いつもの朔日のように午前中、天香具山神社の月次祭に参列してきたのですが、式の最中、特に大祓祝詞奏上の時など雨が激しくなりながらも、結局、傘を …

詳細を確認する

2024年6月のかぐらサイズ

6月の桜井教室が9日開催に変更になっています。 さて、速いもので、2024年も折り返しの月なりました。これまでの半年とこれからの半年計画を棚卸しするのもいいですね。この夏も昨年の高温を超えるのは、当たり前のように思います …

詳細を確認する

2024年5月のかぐらサイズ

5月になりました。寒暖差も大きく雨も多い天候ですが、体の調子はいかがでしょうか。さて4月19日には、信州上田、桃月庵の月乃舞台にて夜神楽祭礼を無事に終えました。こちらの舞台での初舞を納めた信子さんも良き経験になったようで …

詳細を確認する