神を招き、神の御業(みわざ)のごとく振る舞う心操身変術

はじめに

皆さんは「神楽」というと何を思い起こしますか?

神社で巫女さんが鈴などを持って舞ってくれる奉納、祈祷の舞?または、石見や高千穂で、地元の伝統芸能としての神話劇を見て、あれが「神楽では?」と思っておられるかもしれません。また「舞」というと「日本舞踊」「雅楽」「歌舞伎」もあって、ダンスとは違う、日本的で装束も古式で・・そこにどこか伝統的で優美なものへの憧れもよぎるかもしれません。もっと古代に戻って、日本における神楽の原点は、古事記にて伝承される「岩戸隠れ」の神話。天の岩戸に隠れたアマテラスさまを、岩戸からお出しするためにアメノウズメさまが神がかりでおこなった舞。すなわち、世を暗闇から救ったのがウズメの神楽です。

このような神楽の舞から、現代の私たちの健康法として新しく生まれたエクササイズ、それが「かぐらサイズ」です。

top04 P1050164 saraha02

最新情報

桃月庵「月乃舞台」完成式延期

以下のように予定していた完成式ですが、残念ながら延期となりました。次に向けて企画自体も練り直したいと思います。   東伯先生プロデュースであり、「かぐらサイズ」教室の長野会場(講師・弓紀篠)に予定している上田市 …

詳細を確認する

東京「土公みことのり」講話会

5月7日(土)8日(日)東伯先生の東京講話会が開催されます。会場はいつもお世話になっているサロン・ドゥ・コロナ。久々の開催です。今回は、新しい支援者のみやこさんが主催してくださいました。 要項は以下のとおり。 2022年 …

詳細を確認する

2022年5月のかぐらサイズ

2年続いた行動規制がないゴールデンウィーク・・と言われながら大型連休がスタートしました。太礼道神楽伎流も5月は動きがあります。 まずは、東伯先生の東京での「土公みことのり」講話会5月7日・8日にサロン・ドゥ・コロナ代官山 …

詳細を確認する