神を招き、神の御業(みわざ)のごとく振る舞う心操身変術

はじめに

皆さんは「神楽」というと何を思い起こしますか?

神社で巫女さんが鈴などを持って舞ってくれる奉納、祈祷の舞?または、石見や高千穂で、地元の伝統芸能としての神話劇を見て、あれが「神楽では?」と思っておられるかもしれません。また「舞」というと「日本舞踊」「雅楽」「歌舞伎」もあって、ダンスとは違う、日本的で装束も古式で・・そこにどこか伝統的で優美なものへの憧れもよぎるかもしれません。もっと古代に戻って、日本における神楽の原点は、古事記にて伝承される「岩戸隠れ」の神話。天の岩戸に隠れたアマテラスさまを、岩戸からお出しするためにアメノウズメさまが神がかりでおこなった舞。すなわち、世を暗闇から救ったのがウズメの神楽です。

このような神楽の舞から、現代の私たちの健康法として新しく生まれたエクササイズ、それが「かぐらサイズ」です。

top04 P1050164 saraha02

最新情報

2021年12月のかぐらサイズ教室

コロナ禍の下、色々とあった今年もあと1月。皆様にはどのような1年だったでしょうか? 今年も最後の教室案内となりました。今月の大阪喜連瓜破教室は、定例の毎月第4週木曜に加えて第2木曜もお申し込みいただけます。年末の繁忙期に …

詳細を確認する

2021年11月のかぐらサイズ教室

10月31日に大阪市のクレオ東ホールで行われた「トーションハーモニッククワイア」のコンサートに舞で参加いたしました。クワイアのメンバーでかぐらサイズ教室でも共にお稽古する佐伯ふうみさんも、歌での参加と舞でも1曲披露しまし …

詳細を確認する

2021年10月のかぐらサイズ教室

ようやくコロナ禍も少しは下火になって来ました。そんな中、気づいたら、あたりには秋風、2021年もあと3ヶ月です。開催が疑問視された東京五輪も終わって、マスクにリモート、「距離あけて」という新しい暮らし方もすっかり身につい …

詳細を確認する