神を招き、神の御業(みわざ)のごとく振る舞う心操身変術

はじめに

皆さんは「神楽」というと何を思い起こしますか?

神社で巫女さんが鈴などを持って舞ってくれる奉納、祈祷の舞?または、石見や高千穂で、地元の伝統芸能としての神話劇を見て、あれが「神楽では?」と思っておられるかもしれません。また「舞」というと「日本舞踊」「雅楽」「歌舞伎」もあって、ダンスとは違う、日本的で装束も古式で・・そこにどこか伝統的で優美なものへの憧れもよぎるかもしれません。もっと古代に戻って、日本における神楽の原点は、古事記にて伝承される「岩戸隠れ」の神話。天の岩戸に隠れたアマテラスさまを、岩戸からお出しするためにアメノウズメさまが神がかりでおこなった舞。すなわち、世を暗闇から救ったのがウズメの神楽です。

このような神楽の舞から、現代の私たちの健康法として新しく生まれたエクササイズ、それが「かぐらサイズ」です。

top04 P1050164 saraha02

最新情報

平成最後のかぐらサイズ教室

平成時代はこの4月まで。5月からは新しい元号の時代です。さあ、どんな時代になるのでしょうか? 「自分だけ」という個の時代から、全体の繫がりの中の自分というものを意識して行く時代に・・と私はその分岐点を捉えています。そのた …

詳細を確認する

2019年3月のかぐらサイズ

2月から奈良桜井の新会場に移って再スタートした日曜教室。利便性を心配しましたが、遠方から受講の方にも大好評でした。なんと窓を開けると三輪山が目の前に。地元民でもなかなか見られない角度で眺めることができる絶好の位置なのです …

詳細を確認する

2019年2月のかぐらサイズ

この2月から奈良県桜井日曜クラスがスタート! 会場は、近鉄大阪線桜井駅から徒歩5分です。これにより、当面かぐらサイズの教室は、奈良県中部地区での開催となります。この教室の利点を活かし、「かぐらサイズプラス美輪・飛鳥」とし …

詳細を確認する