神を招き、神の御業(みわざ)のごとく振る舞う心操身変術

はじめに

皆さんは「神楽」というと何を思い起こしますか?

神社で巫女さんが鈴などを持って舞ってくれる奉納、祈祷の舞?または、石見や高千穂で、地元の伝統芸能としての神話劇を見て、あれが「神楽では?」と思っておられるかもしれません。また「舞」というと「日本舞踊」「雅楽」「歌舞伎」もあって、ダンスとは違う、日本的で装束も古式で・・そこにどこか伝統的で優美なものへの憧れもよぎるかもしれません。もっと古代に戻って、日本における神楽の原点は、古事記にて伝承される「岩戸隠れ」の神話。天の岩戸に隠れたアマテラスさまを、岩戸からお出しするためにアメノウズメさまが神がかりでおこなった舞。すなわち、世を暗闇から救ったのがウズメの神楽です。

このような神楽の舞から、現代の私たちの健康法として新しく生まれたエクササイズ、それが「かぐらサイズ」です。

top04 P1050164 saraha02

最新情報

2020年8月のかぐらサイズ

夏場は収束するかに見えたコロナウィルス。今後の予報について専門家の意見も2つに割れる中、ここにきてPCR検査の陽性率だけでなく、重症の方も増加しているとの報道は気にかかるところですが、もう完全自粛には戻れないのが流れでは …

詳細を確認する

2020年7月のかぐらサイズ

6月、サプライズで真菅教室の指導に来てくださった東伯先生。久々の教室に東伯先生自身も大変楽しそうにご指導くださいました。続いて7月の真菅教室も来場くださいます。この機会に東伯先生の講習を受けてみたい方、一度の体験でも構い …

詳細を確認する

5月6月のかぐらサイズ教室

「5月にまたお会いしましょう」と、4月のお休み報告の時に書きましたが、5月の開催も、やむなく見送り、6月はようやく両教室共に再開の予定です。でも、全面自粛だった4月に比べ、5月には私自身のお稽古も含め動いていました。桜井 …

詳細を確認する